痩せない人へ!
MDクリニックとヤンヒーの副作用をクリアし、
効果的に服用する為のレベルの選び方と方法!

副作用について

MD・ヤンヒーでダイエットにチャレンジする前にきちんと知っておかなきゃならないことは、
どちらも病院や調剤薬局などで処方してもらう【処方薬】と同じ【お薬】だということ。

街のドラッグストアやコンビニで買えるサプリメントだと思っていませんでしたか?

MD(MDクリニック処方薬)、ヤンヒー(ヤンヒー病院処方薬)は元々肥満の人のための「治療薬」なんです。
だからしっかり効果が出てダイエットができるというわけです。

ただ、効き目のあるお薬なので【副作用】についてもきちんと理解する必要があると思います。
副作用を上手くコントロールすることで、ダイエットも順調に進むはずです。
(ただ副作用には個人差があるので、全ての人に副作用が出るわけではありません)

ここではそんな【副作用】と賢く付き合う方法を紹介していきたいと思います。

頭痛について

MD・ヤンヒー両方とも食欲を抑える働きのある成分が含まれているので、服用を続けることで少しずつ食欲が抑えられてくるそうです。
ただ自然に食欲が抑えられるので、気付かない内に極端に食事量が減っていたりすることも。
極端に食事量を減らしてしまうと低血糖状態になってしまい、これが頭痛を引き起こす原因になっている場合があるそうです。
ダイエット中でも1日3食をきちんと摂り、バランスの良い食事を心がけることが大切だと思います。

喉の腫れについて

MD・ヤンヒーには甲状腺の働きを高める成分が含まれていて、その働きで代謝機能が活性化され体重を減らすことができるそうです。
喉の腫れはこの成分による一時的な副作用のようです。
もし喉の腫れが気になるようであれば、その期間は服用をお休みしたり、服用の間隔を1日置きにしてみたりして様子を見てみてみるのも良いかもしれません。

倦怠感(だるさ)について

これは2通りの理由があるようです。 ひとつはお薬の食欲を抑える働きによる低血糖状態からくる“だるさ”。
もうひとつはお薬で代謝機能が活性化されることで感じる運動後の疲労感と似た“だるさ”。
個人差があるので判断が難しいところですが、低血糖状態からくるだるさであれば、栄養バランスのとれた食事を1日3食きちんと摂ることで改善されるようです。
それでもだるさが解消されないなら、代謝機能の活性化が原因なので一時的にお薬の服用をお休みしてみると良いそうです。

喉の渇きについて

喉の渇きは、MD・ヤンヒーに含まれる代謝機能を高める効果や利尿剤の効果による副作用のようです。
もちろん個人差はありますが汗を沢山かくようになり、身体から水分が多く失われます。
喉の渇きはそれが原因のようです。
普段よりも多く、小まめに水分を補給するのがベストですね。

めまいについて

めまいの多くは薬の服用で食欲が抑えられ、いつの間にか食事量が減ったことで起きる低血糖状態が原因のようです。
こちらもその多くは食事の習慣と栄養バランスで改善されると言われています。
またビタミン剤や亜鉛などを積極的に摂取することでも、めまいを抑えることができるそうです。

MDクリニック、ヤンヒーホスピタルダイエットを購入できるサイト

キュート    

Cute キュート

ヤータイ    

YA-THAI ヤータイ 

マサタイランド  

マサタイランド