痩せない人へ!
MDクリニックとヤンヒーの副作用をクリアし、
効果的に服用する為のレベルの選び方と方法!

飲み方について

MDクリニックダイエットの場合は昼食前・夕食前・就寝前の1日3回。
ヤンヒーホスピタルダイエットの場合は昼食前・就寝前1日2回となっています。
服用方法通りに飲むのがベストですが、生活環境やお仕事などでその通りに飲むことができないケースもあるようです。

昼間勤めている人の場合

MD・ヤンヒーも昼食前に飲むお薬があります。
昼食前用のお薬を服用することで、個人差はありますが頭痛やめまい、倦怠感、喉の渇きなどの副作用が出ることもあるようです。
そのため仕事などに支障が出る場合は、一時的にお薬を飲むのをお休みして様子を見てみたり、ビタミン系のサプリメントや亜鉛などを摂取することで、そういった副作用を軽減させる方法もあるようです。

夜勤めている人の場合

MDの場合、夕食前にもお薬を飲む必要があります。
夕食前用のお薬には甲状腺に作用する成分が含まれているので、代謝機能がアップして汗をたくさんかくようになります。(もちろん個人差はありますが)
また汗をたくさんかくことで、喉の渇きを強く感じることもあるみたいです。
対策としては水分を多く摂ることがベストですが、仕事に差し障りがあるようなら休薬もしくは1日置きに服用することで解消できたという体験談もあります。

食事が不規則な人の場合

仕事柄、食事のタイミングがどうしても不規則になってしまいがちな人もいるようです。
そのため処方通りの時間にお薬を服用できずに悩んでいる人もいるとか。
そういった場合は処方通りの時間でなくとも、各タイミングで4~6時間前後空けられていれば服用して問題ないようです。
ただし、MD・ヤンヒーを服用した後は必ず食事を摂る必要があり、食事が摂れないならMD・ヤンヒーの服用もお休みする必要があるそうです。

特定のお薬を抜いて服用した場合(a.利尿剤 b.下剤 c.甲状腺末)

◆a:利尿剤を抜いた場合

学校や仕事で頻尿になるのはチョット…という理由から利尿剤を抜く人もいるとか。
でも利尿剤には代謝を上げる・食欲を抑える・血圧上昇の副作用を抑えるといった効果があると同時に、身体の中に残った余分な薬を身体の外に排出するという働きもあるので、できるだけ飲むことがお勧めのようです。
人によっては利尿剤を抜くことで副作用が強く出るということもあるそうですよ。

◆b:下剤を抜いた場合

下剤も利尿剤と同様に学校や仕事で頻繁にトイレに行けないという理由から抜いてしまいがちなお薬のひとつだそうです。
でも身体の中に残った余分な薬を身体の外に出すという働きがあるので、できるだけ服用することがお勧めのようです。
便秘に悩んでいる人の場合は、その解消にもなるので嬉しい成分ですね。

◆c:甲状腺末

MD・ヤンヒー両方に含まれている甲状腺末には服用することで代謝を上げる効果があるそうです。
代謝をアップさせることで痩せやすい身体にするため、処方通りに服用することが大切みたいですね。
倦怠感や喉の腫れなどの副作用が強く感じられる場合は、間隔を空けて服用するかお薬を飲むのをお休みすることでも改善されることがあるそうです。

MDクリニック、ヤンヒーホスピタルダイエットを購入できるサイト

キュート    

Cute キュート

ヤータイ    

YA-THAI ヤータイ 

マサタイランド  

マサタイランド